企業ならば必須である名入れカレンダーについて

少量OK

発注タイミングに注意

名入れカレンダーを購入するにあたっては、製品の発注タイミングに注意することが欠かせません。
なぜならば、名入れボールペンなどとの製品と違ってシーズン性の強い製品です。一年の終わりにその年のカレンダーを購入しようという人がいないことは明らかで、一年の始まりにその年のカレンダーを購入しようという人ばかりなのも明らかです。
つまり、翌年のカレンダーがほしいと相手が考え始めるタイミングを狙って渡せるようにしたい製品です。ですから、製品取扱自体も年中行われているわけではありません。
もし、次は名入れカレンダーをつくろうと考えた場合、タイミングによっては少し待つ必要が有ることも少なくありません。
業者によって時期は違いますが、夏から秋ぐらいにかけて受注がスタートする傾向にあります。年末が近づくにつれて注文が多くなるため、なるべく早めに余裕を持って発注することが大切です。

早めの注文で得をする

名入れカレンダーを注文するときには、早めの注文で得をするということに注目することができます。
その理由として、工場にも繁忙期と閑散期があり、閑散期ならより多数の商品選択肢があるということにまず注目できます。
繁忙期になると注文が殺到する結果、人気商品は特に一気に無くなる傾向にあります。
デザインや価格にとことんこだわりたいと考えるなら、名入れカレンダーの発注は早めに行うほうが良いです。
注文するタイミングと配布できるタイミングが限定的なノベルティだからこそ、計画的な生産プランが大切な製品です。